BEFOR

AFTER

木の枝おろし(2012年2月19日)



昨年、木の枝が成長したためか小さい池のところが
日陰になる時間が長かった。そのため蓮の花が
咲かなかったと思われる。
今年は日当りを改善するため枝をおろしを行った。
木がかわいそうに見えるが、徐々に枝が出てくる。

BEFOR

AFTER

お隣の木を伐採する(2012年3月26日)

日陰になる時間を少なくするため
空き地になっているお隣りの木を
地権者の方に了解をもらい伐採する。



薪ストーブの燃料(2012年5月2日)

伐採した木は、薪ストーブに入るサイズにチェーンソー
斧、鉈でカットする。乾燥させて2、3年後の燃料になる。

池の中も活動が始まる(2012年5月6日)

ヤゴが水面で呼吸(お尻のところを水面に出す)を
しているところを見かける。


花菖蒲、ナガバオモダカの花が咲きだした(2012年5月20日)



メダカとホテイアオイを購入(2012年5月27日)

メダカが現れるの待っていましたが姿を見せず。
越冬しなかったようなので、近所のホームセンターで
メダカを10匹ほど購入する。
イトトンボ系のヤゴも気づく様になってきた。


写真では小さくて確認しずらいのですが、オタマジャクシの
様な生着物も確認出来た。

ちょろちょろ動いていたのはオタマジャクシ(2012年6月10日)

少しずつ大きくなってきた。
それはカエルの赤ちゃん「オタマジャクシ」だった。
田んぼで見かけるような卵が見当たらなかったので
どのような種類だろうか?池にいるオタマジャクシが
1匹、2匹ではない。
大型のカエルだと大変な事になりそう。



トンボの羽化が始まる(2012年6月17日)

台風4号が過ぎた次の日が晴れたので、夜になって池をのぞいてみた。
ヤゴが水面から出てじっとしている。
そして次の日の朝に羽化が始まる。この日は5匹のトンボが誕生した。

写真を繋いで動画風にしてみた。(2012年6月29日)

カメラの微速度撮影を使ってみた(2012年6月29日)

カメラが一定時間の写真を撮影し、それを繋いでくれる便利機能で撮影してみた。
被写体が風などで揺れなかったり、移動しないのであれば便利な機能です。


シオカラトンボが卵を生みにやってきた(2012年6月30日)

シオカラトンボが池にやってきた。花菖蒲に止まったところ。
雄の写真(上)
シッポを池の水面にチョンチョンと付けていた。卵を産んだと思われる。
雌の写真(下)


雄と雌はシッポの模様が違う。


オタマジャクシの後ろ足が出てきた(2012年7月8日)

カエルが花菖蒲に止まっていた。水中から陸に上がってきた。
さて何と言う名前のカエルなのだろうか?


シッポが小さくなってきた(2012年7月15日)

さて名前は、アマガエルかな なんだろう? 

Webカメラが写した写真を1年分つなげてみた(2013年1月5日)

ページの先頭へ