ルータ加工で扉のグレードアップ(下駄箱)

ルータテーブルを使い作った初物

市販の下駄箱で玄関脇におけるスペースと合うサイズが無いため、下駄箱を作り始め、扉の外枠(かまち)はトリマーで凹み加工を行った角板を使い、化粧板はベニヤ板で作りました。(左側と中央)外観と剛性が低く今一でした。






3枚の扉が完成

木材はパインの集成材で厚みは20mmです。これで、グレードアップしました!









ルータビット その1

スタイル&レール ビット
扉の外枠(かまち)に溝(凹)と面取りを同時に加工出来るビットです。

ルータビット その2

レイズドパネルビット
化粧板の面取りを行うビット。









2段目も作成

この扉なら2段目、3段目も作ろうという事で作ってみた。なかなかいい感じになった。塗装は柿渋を使う。発酵のにおいが抜けるまでに時間がかかるので、数十日乾燥させてから部屋に設置した方がいいようです。

















扉のかまちが外れてきたので改修する(2010年4月)

作成してから5年ぐらい経過したところ。9枚の扉のうち4枚で起きた。接着剤の量が少なかったところから外れたようなので、木工用の接着剤を流して固定する。



トップページへ戻る


ミニログ作成後に作成した
ルーターテーブル


ルータ加工で外観アップ


引出し


リョービ BTS15


1X4材を利用


ハードウッドを使った
ウッドデッキ


パイン集成材で作った台


ハードウッドを使った
階段



プリンターを置く台


ガーデンシェッド(物置)


日立工機 FCW40SA


落下防止
日立工機 FCW40SA


踏み台


枕木で土留め


枕木で花壇


本棚作り


ヘンテナ


iPad proスタンド