仮払い機の歯交換

歯の切れ具合が悪くなってきたので歯を交換する事にしたが、次回も交換するであろう事を考え忘れないようにしておこう。


回転中心部のナットを外す

回転軸の回転を止めるため小さな穴へ棒(今回は六画レンチを使用)を差し込む。その跡、工具を使い左に回してナットを緩める。ナットのサイズは2面幅で13mmのため、一般工具に含まれていない可能性がある。工具の準備を事前にしておくこと。



外した時と逆の順番で新しい歯を付ける


作動確認

高速回転する部品の交換なので試運転を行い、ハンドルに以前より大きな振動を感じないか、草の切れ具合をチェックする。問題はなさそう。

ページの先頭へ