どこのメーカーさんの物を購入するか検討

ガーデニングの助っ人
冬から春先に剪定した枝を粉砕する機器を購入。ガーデニングの強い味方になってくれると期待。以前、リサイクルに関連する仕事をした時にも粉砕方法が重要なポイントになった。その経緯から粉砕方法と能力をポイントに調べてみた。粉砕方法の具体的な情報はなかったのでYOUTUBEなどで映像をみながら確認を行った。その結果、枝を粉砕する時にセルフで枝が機械へ入り込むところが粉砕作業の容易さを決めると思うので「I.F.P サイレントシュレッダー ギア」に決めた。



サイレントシュレッダーが届いた

段ボールを開封すると、本体、足、タイヤ、それらを締結するボルトとナット、説明書、ゴーグル、手袋、本体カバー、袋、組立工具が入っていた。説明書を見ながら組立る。








組立は簡単
1.本体に足をナットで4カ所固定する
2.足へタイヤの軸をボルトとナットで固定する
3.タイヤを軸へ差し込みはずれ防止のキャップを圧入する





組立完了。お試し運転

さっそく説明書を見ながらお試し運転。
枝の太さによって回転歯のスキマを調整する必要があるので、まずは20mm以下でお試し粉砕を行う。






カバーを外した写真




















枝の投入は投入口の右側から入れる用に目印あり。



粉砕後

歯のついた生木を粉砕したもの。葉が詰まるような事も無く粉砕できた。細い(数ミリ)枝は粉砕できない場合も有る。












こちらは乾燥した枝を粉砕したもの。枝が硬くなっているので生木のときより回転歯のスキマを少し開けた方が良さそう。何度か回転歯と枝が食い込み回転が停止した。

終了後の掃除

カバーを外して回転歯の状態を確認したところ、粉砕した木が付着している。使った後は掃除をしておいた方が良さそう。

作動音は問題にならない(と思う)

私の住んでいる環境では問題なし。

ページの先頭へ