MacBook pro13(Early 2011)のバッテリー交換
(2017年8月)

2011年4月に購入したMacBook pro13(Early 2011)のトラックバックが盛り上がってしまった。う〜んなぜ?


バッテリーが浮いていた(膨らんでいた)

ケースを外して見ると(赤丸部)が浮いてバッテリーの固定座が破損していた。トラックパッドが盛り上がった原因は、バッテリーの膨張 → 内部からトラックパッドを押し上げた。(パソコンのメニューバーでバッテリー状態を確認すると「もうすぐ交換」を表示)

ケースの取外しもバッテリーに同封されていたプラスの精密ドライバーで可能。



LENOGE MacBook Pro 13 Inch バッテリー購入

既に保証期間を過ぎ、純正の修理対応も無いようなので自前で交換することにした。まずはバッテリーと工具をアマゾンで見つけ購入する。(工具は付属していた。)

バッテリー取り外し

バッテリーに同封していたY字のドライバーを使い2箇所のネジを外す。(プラスのドライバーで作業は不可)
それとバッテリーと基板をつないでいるコネクターを外す。(右の赤丸部)



トラックパッド固定部の調整

バッテリー膨張に伴いトラックパッドの固定座が変形しているので補正する







小さいねじを外す








小判型プレートの両側を水平にする。その後ネジを取り付ける

膨らんだバッテリー

赤丸部

交換作業について

購入したバッテリーの組付けは、外した作業と同様に行う
もしこのページを参考に作業を行う方は自己責任で行ってください

ページの先頭へ