D.I.Y

家を建てたことがきっかけに、最初は「ベランダの階段作り」、「すべりだい」「テーブル」など外で使うものや、枕木で土留めを兼ねた花壇などを作っていました。四季を通じてD.I.Yをする環境と自由になるスペースが欲しくなりミニログハウスを建てました。最初は、「ほんとに完成するの?」という不安もありましたが振り返ってみるとやれば何とかなるかな。と感じます。現在は身の丈でDIYを楽しんでいます。
(55歳のおじんに重労働のDIYは厳しくなって来ました。2014年)



ダイビング

小笠原へ遊びに行った時に水中マスクでのぞいた水中の美しさに惹かれダイビングを始めた。小笠原から戻って3か月後には当時のベーシックコースのダイビング講習を受けていた。その後は、ダイビング機材、潜水医学の進歩(体に対する水圧の影響)によるダイビングコンピューターの普及もあり、スキルアップ講習を受け現在に至る。(お客様をガイドするのは性格から向かないようだ。)

写真の器材

ニコンF4とネクサス製ハウジングに各レンズの組み合わせが、水中写真の器材で主に使うセットです。太陽とブルーをバックにした写真が好きなので広角レンズをよく使います。F4を使うようになってからフイルムの巻き上げがモーター駆動のため、シャッターから指を離す事がなく、シャターを押す間隔が早くなった。ストロボのチャージが追いつかず、発光してない写真が多くなっているのが最近の悩みです。そして、16mmフィッシュアイを使い始めて照射角度が広く且つ、ガイドナンバーが大きいストロボが必要だけど年間の予算(小遣い)を考えると、値段が高く購入に踏み切れない日々と潜れる機会が少なくなっています。直近ではデジタルカメラに変更しようか悩んでいます。

<カメラ>
・NIKONOS-IV-A
・NIKONOS-V
・ニコンF4(ネクサスF4Proハウジングに装着)
・ニコンD80 ← 娘のところへ
・ニコンD800 がやってきた(2012年6月16日)
 (ネクサスD810D800ハウジングに装着)
・ニコン 1 V3 がやってきた(2014年8月10日)

<レンズ>
・UWニッコール15mmF2.8N
・UWニッコール35mmF3.5
・ニコンF4とニコンD800で兼用
 Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D
 Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D
 Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D
 AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
・ニコン 1 V3
 1 NIKKOR 6.7-13mm
 1 NIKKOR 10-30mm ← 娘のところへ
 1 NIKKOR 10-100mm

<ストロボ>
・ニコン  SB-105、 SB-104
・Sea&Sea YS-90
・INON Z240 Type-4

ぱたぱた君

このホームページを運用していたパソコンです。
本体と液晶画面をつなぐヒンジ部分が壊れ液晶画面が自立しなくなり、この愛称を付けました。修理せずサーバーとして延命してましたが諸般の事情から現在はデータのバックアップ用にしています。


<ハード>
  アップルコンピューター社「PowerBook G4 チタニウム」
  (CPUの動作周波数は667MHz)  → Mac mini2.5GHzデュアルコアIntel Core i5


<ソフト>
  OS : OS X Server 10.4  Web:Apache  → Mac OS X10.8.3とServer2.2.1
  ホームページ作成ソフト; 「ID for WebLife」 「BiND4」  → 「BIND6」


<フイルムスキャナ>
  Nikon COOLSCAN 4 ED 
  OSのバージョンアップに伴いスキャナソフトは使用不可
                → スキャナソフトはVueScanを利用