所在地
栃木県 那須塩原市
標高
マウントジーンズ
(那須ゴンドラ): 950m
ゴンドラ山頂  :1,417m
三本槍岳山頂  :1,917m
行程
<登り:3時間10分>
那須ゴンドラ山頂
:08:30出発
中の大倉尾根〜大岩
;10:50通過
大岩〜三本槍岳山頂
;11:40着
<下り;2時間>
三本槍岳山頂
:12時50分出発
〜大岩
:13時30分通過
〜中の大倉尾根〜那須ゴンドラ
:14時50分着
日程
2014年9月23日

san_yari.png

山名の由来は白河藩、黒羽藩、会津藩が毎年山頂に槍を建てて境界を確認した事に由来するそうです。三本槍岳という名前から険しい山道を連想したが茶臼岳のような活火山と違い、山頂まで低木が生え荒々しさはない。今年の紅葉は昨年より早いようだ。

那須連山に登る時は、那須ロープウエイや峠の茶屋跡の駐車場から登るが、今回はマウントジーンズ(スキー場)のゴンドラで上がり、そこから登るルートで行ってみた。日光白根山と同様にある程度の高さまでゴンドラで行けると、標高差が500mぐらいになり日帰り登山で初心者にも安心してコースを選択出来る。又、自分の体力に合っている様に感じる。

登る時は左手に茶臼岳、朝日岳、鬼面山が見えて展望がよい。中の大倉尾根を途中までのぼると、眼下に町も見えてくる。登山道は途中から金網が埋められ、それが露出しているところは足を引っかけない様に注意が必要。三本槍岳の山頂は大岩まで登らないと見えてこない。最初は大岩が山頂かと勘違いしていた。

DSC_0621.JPGゴンドラに乗るため入口へ
DSC_0464.JPG天候に恵まれター!青空が気持ちよい
DSC_0465.JPGゴンドラ駅山頂へ
DSC_0469.JPGゴンドラ山頂駅からの展望 左から茶臼岳、鬼面山、朝日岳
DSC_0470.JPG右手の方に見えている山の奥になる三本槍岳がある
DSC_0475.JPG三本槍岳を目指して出発
DSC_0474.JPGリンドウをよく見かける
DSC_0476.JPGアザミ
DSC_0491.JPG紅葉が始まっている
DSC_0493.JPG登山道のところどころに標識有り
DSC_0501.JPG熊笹の向こうに茶臼岳が見える
DSC_0508.JPG名前は何だろう
DSC_0511.JPGタンポポ?
DSC_0516.JPG紅葉が始まった
DSC_0507.JPG土、砂利、石などが流れない様に金網が敷かれているが、露出している所は靴を引っ掛けそう。注意が必要だ
DSC_0517.jpg先ほどの標識から1Kmぐらい進んだ
DSC_0519.JPG振り返ると眼下に町が見えてくる
DSC_0534.JPG左手のところが大岩。ゴンドラ山頂から見えていた頂
DSC_0537.JPG標高が高いところは紅葉が美しい
DSC_0540.JPG斜面に関係なく紅葉が見られる
DSC_0541.JPG大岩を過ぎたところ。登山道がなだらかになる
DSC_0542.JPG朝日岳の方向を写す
DSC_0544.JPG三本槍岳、朝日岳の分岐。ここですれ違ったかたにもう少しと励まされた
DSC_0551.JPG三本槍岳が見えてきた。茶臼岳、朝日岳のような荒々しさがない
DSC_0564.JPG山頂に向かい登山道を登る。脇には紅葉の木々が見れる
DSC_0571.JPG山頂に到着
DSC_0576.JPG熊笹の中に紅葉した木々が点在している
DSC_0579.JPG朝日岳山頂(望遠で写す)手前は熊味噌根
DSC_0581.JPG茶臼岳(望遠で写す)ガスが噴出している
DSC_0590.JPG須立山(福島県)の斜面も紅葉が美しい
DSC_0591.JPG秋の雲か?
DSC_0605.JPG日が入ると紅葉が更に奇麗に見える。大岩方面を写す
DSC_0615.JPG熊笹の葉に太陽の光が反射していた
DSC_0620.JPGゴンドラ山頂駅まで無事下山

ページの先頭へ