所在地
栃木県日光市
標高
社山(しゃざん):1,826.6m
行程
<行き: 3時間06分>
駐車場(立木観音):07:50 出発
阿世潟      :09:06 通過
阿世潟峠     :09:30 通過
社山山頂     :11:04 着
昼食と休憩 51分
<帰り:2時間40分>
社山山頂     :11:55 出発
阿世潟峠     :13:03 通過
阿世潟      :13:20 通過
駐車場(立木観音):14:35 着
日程
2017年5月21日


朝から天候に恵まれる。駐車場から阿世潟は中禅寺湖湖畔の道を歩く。狸窪を通過し阿世潟の社山 登山口へ。ここからなだらかな登山道に入る。阿世潟峠の手前はつづら折りの急登りがあった。阿世潟峠で休憩し次のピークを目指す。そのピークは雨量計が設置されていた。ここから中禅寺湖周辺の展望が良くなり男体山も良く見えた。又、この辺からアカヤシオも見れた。そして、次のピークを目指し登る。これを数回繰り返す(山頂は直ぐには見えない。)山頂に到着。途中、登山道に平らなところがあり、休憩しやすく、展望が良いので疲れが癒されながら登れた。山頂から先に進んだところが、西と南に展望が良く休憩、食事をしている方が多くいた。下山は同じコースで戻り、英国大使館記念公園の建物を眺め駐車場に到着。所用時間は、6時間37分(休憩含む登山、写真撮影で5時間46分+山頂で昼食/休憩51分)

立木観音の駐車場を出発すると直ぐに湖畔の道に入る

社山(左手の山)へGO!

日光白根山など群馬県との県境の山並はまだまだ雪が残っている

八丁出島と雪が残る山並み。手前に釣り人がいます

狸窪にある半月峠への標識を通過する

上野島にも釣り人発見

ここから見た男体山はどっしりと安定した形に見える

湖面が緑色で綺麗でした。ここにも釣り人

阿世潟に到着

現在地を確認

登山口は緩やかな登りで始まる

今年生えてきたのかな

木の橋を渡る。この先から急登りになる

ガマズミ?のような木

阿世潟峠(標高1417m)に到着。駐車場を出発して1時間40分経過

まずはあのピークを目指して登る。ここから山頂は見えない

視界がひらけてきた。先ほど見えたピークが右側。そこから左手に尾根伝いに登ることになる

左手のピークにズームイン。アンテナが見える。中継用?

登山道は整備され歩きやすい

スミレ

間に合いました。アカヤシオが咲いていた

アンテナがあるところには雨量計が設置されている。右手奥は半月山と思われる

この辺から展望が良くなる。アカヤシオと男体山

登山道のところどころに平らで広い場所があり休憩しやすい

標高が高くなり中禅寺、男体山、茶の木平が見渡せる。ここでお昼を食べて下山してもいいかも

遊覧船が八丁出島を通過。(ズームイン)

日光白根山か?(ズームイン)

戦場ヶ原方面。手前の湖畔は菖蒲ヶ浜

尾根伝いに登り、いよいよ山頂か?この日は暑かった

菖蒲ヶ浜と太郎山

ワニ岩と命名。似てる

社山(1827m)に到着。駐車場から3時間6分(阿世潟峠から1時間34分)

山頂の先にある展望が良いところから写す。シャクナゲのつぼみが膨らんでいた。ここで昼食を食べた

西方面を写す

手前は足尾の山並みかな?

下山時の方が鮮やかに見えたアカヤシオ

下山時の方が鮮やかに見えたアカヤシオ

阿世潟の浜辺で休憩

朝とは表情が違う上野島と男体山

これは山桜かな?

シロヤシオ(ゴヨウツツジ)

英国大使館別荘記念公園で建物を写す。アフタヌーンティーは次回の楽しみにする

駐車場に到着。社山を写す

ページの先頭へ