ミニチェーソー(電動)の組立編

2021-22薪活準備で木の先端部の細い枝をカットするためにミニチェーソー(電動)を購入した。電源部はマキタのバッテリーと互換性があり手持ちの物が使える事と価格が決めてとなった。

製品仕様(取説抜粋)
 ・モデル     :Ty-zh169
 ・最大切削径   :100mm
 ・ガイドプレート長:4inch(101.6mm)
 ・重量      :1.3Kg(バッテリー除く)

バッテリーと充電器はマキタのバッテリーと互換性があるので未購入
 (バッテリーパック(取説抜粋))
 (・タイプ :Li-Ion)
 (・電圧  :21V )
 (・容量  :2500mAh)
 (・充電時間:4-5hours)
 (・稼働時間:15-25min)

容量比較
中部商店バッテリー:21v x 2500mAh = 52500mwh
マキタBL1830BL :18v x 3000mAh = 54000mwh
容量は同じぐらい。ただ、BL1830BLの方が電圧が低いため切削効率は少し低いのか?30分ぐらい稼働するといいのだが…使用編で使い勝手を記す予定。

1.開封(本体・付属品・取説は日本語も依頼)

2.付属品の袋を開封
ソーチェーン・ガイドバー・スプリング・タッピングスクリュー・ブッシュ・カバー・レンチ・ドライバー(+,ーの交換は金属部を取手から抜いて差し込む)

3.取説で組立を確認しながら進めるが、上部に付ける「カバー、スプリング、ブッシュ」の組立説明がないので絵を見ながら進めた

4.レンチでナットを緩めてサイドカバーを外す

5.カバーにブッシュを挿入(*ブッシュの挿入方向が反対か? 後日確認予定 → ブッシュはカバーの片側からしか挿入できない)

6.スプリング取付け
ブッシュの外径とカバーの溝に挿入する(赤矢印)

7.カバーを本体に取付け
スプリングの端部(赤丸)を本体の穴(赤丸)に差込む

8.カバーを本体に取付け続き
タッピングスクリューをドライバー(+側)で締める(赤丸部)

9.ガイドプレートとソーチェーンの取付け
ガイドバーの溝に沿ってソーチェーンを付け、スプロケットの凸凹に合わせる。(ソーチェーンの方向に注意)

10.サイドカバーを取付けて完成

バッテリーと充電器はマキタ製を使用予定のため、購入費用は3700円となった。(本体のみ2900円+送料800円)
購入元「中部商会」URLは下記です
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tyuubusyoukai/ty-zh169.html?sc_i=shp_pc_ranking-cate_mdRankList-001_title

使用編は次回に掲載予定