所在地
栃木県足利市
標高
駐車場  :約220m
赤雪山  :620.6m
行程
<行き:2時間18分>
駐車場     10:11出発
胎内くぐりの岩 10:30通過
名草の巨石群  10:42通過
赤雪山登山口  11:19通過
151号鉄塔   11:38通貨
松田川ダム
  反射板鉄塔 11:56通過
赤雪山山頂   12:29着
山頂にて昼食 39分
<帰り:1時間47分>
赤雪山山頂   13:08出発
松田川ダム
  反射板鉄塔 13:36通過
151号鉄塔   11:51通過
登山口     14:11通過
駐車場     14:55着
日程
2018年1月7日


この季節は栃木県内の南にある山を選んで登る。
赤雪山は松田川ダムからも登れるが、名草の巨石群も見れる厳島神社の鳥居があるところから登る。(ここは駐車場とトイレがあるので安心。)鳥居〜名草の巨石群〜登山口手前までの林道は針葉樹により日差しが差し込まないので、防寒になる服装が必要だった。登山口の手前は、展望が良く行き、帰り共に富士山が見えていた。山頂は南側の木を伐採していると思われ、新宿の高層ビル・スカイツリーが見えていた。富士山の方向は木々があり見えず。でも山頂は日当たりも良く、のんびり昼食と休憩ができた。(東屋あり)
(アンテナ設置スペース有り)
手元の記録は、全長9.7キロメートル、所要時間4時間44分
(昼食、休憩、写真撮影など含む)

駐車場に車を止め「名草の巨石群」を見てから登山口へ。このまま進むと入山林道を通り登山口まで車で行けるが駐車スペースはない。

一の鳥居をから参道を進む

関東のふれあいのみち分岐(行道山へ)

名草の「巨石群」について(環境庁)

巨石群の「石割楓」は右手。ここは左手に進む。

見事に割れてます。「弁慶の手割り石」

「胎内くぐり」大きな岩

名草の「巨石群」について(足利市)

「胎内くぐり」の岩の上部をとおり、巨石群の「石割楓」へ

「大鳥屋山」の倒木と同様か?と思いましたが、ここは歩きやすい。

「石割楓」。この時間は日が入らないので、岩のメリハリが出ない。

石碑(天然記念物の巨石群)

ここから林道が始まる。左手がトイレ。

林道の分岐には道標があり迷わない。山頂まで3Km。

ここは左手へ(右手は入山林道で駐車場へ繋がっていると思う。)

山頂まで2.2Km。

林道は針葉樹に囲まれていたが、長石林道分岐に近づくと視界が開け、富士山が見えていた。

登山ルートは、右手の「151号鉄塔」→ 左手の「反射板鉄塔」→ 中央「赤雪山」となる。

西の方向なので、赤城山かな?

左手の長石林道と歩いてきた入山林道の合流。ここを右に進む。

防火すいそうがある登山道入り口。

山頂まで1.4Km。

ここからは広葉樹のため日差しが暖かかった。

登山靴が落ち葉に隠れるぐらい積もっていた。滑るところもあり要注意。

151号鉄塔手前の道標。山頂まで0.8Km。

鉄塔の柱が思ってより細かった。

このアングル。どこかで見たような。

次に「反射板鉄塔」が見えてくる。

近くで見ると大きい。(標高550m)

次は570mピークを目指す。(稜線のためアップダウンがある)

570mピークの道標。山頂まで0.3Km。

北西に見えていたので白根山かな?

570mピークを下る。

鞍の所で松田川ダムから登るルートの分岐(現在は封鎖中)

いよいよ最後の登り。山頂の東屋が見えてきた。

赤雪山山頂(620.6m)ここまで2時間18分経過。

遠くに新宿の高層ビル群(ズーム写真)が見えた。

スカイツリー(ズーム写真)も確認できた。

下山時に登山口近くから写した富士山。今日は視界がよかった。

登るときは気づかなかった。この標識は初めて見たので珍しいかも。

そしてこれも落石注意の標識。この後、無事に駐車場に着く。 (下山は1時間47分)