またまたやってしまった

macOS High SierraとmacOS Server5.4へアップグレードしたらFTPクライアントからサーバーへアクセスができない。調べてみたらmacOS Server5.4からFTPサーバー機能を削除と記されていた。このアップデートの内容を事前に確認せず、やってしまった。トホホ
Macからのアクセスで支障
1.ワードプレス用データ転送
2.ワードプレス 本体の更新
3.ワードプレス プラグインの更新
4.ホームページ作成ソフト(BIND)もFTPでデータ転送

対応はFTPの代替としてSFTP、SSHが利用可能と記されていたので
macOS High Sierraのシステム環境設定>共有>リモートログインを
オンにする。これでFTPの代替(SSH、SFTP)が動く。1,4は
解決したが2、3は諸先輩のページを参考に設定を見直した。

1.更新時のデータ転送方法に「SSH」が選択できる
 プラグインを追加。「SSH SFTP Updater Support」
2.エラーで更新できない
 wp-config.php へ 「define(‘WP_METHOD’, ‘direct’);」追加
 「wp-content/upgrade」「wp-content/themes」
 「wp-content/plugins」のパーミッションを「707」に変更

 エラーメッセージは「更新失敗: ダウンロードに失敗しました。
 ファイルストリーミングの送り先となるディレクトリが存在
 しないか書き込み不可になっています。」

 上記でプラグインの更新はできたが、ワードプレスの本体は
 次回のアップグレードで確認する予定。

車に寝床を設ける(完成!)

セカンド席がキャプテンシート(運転席と助手席のように分かれている)なので中央部に荷物を置くスペースがある。そこを利用出来るように床下収納のように床が開閉する蝶番を追加。これで寝床が完成! 次の休日は紅葉の名所へ前日移動(くねくね道路がめちゃ混雑する)で体験する予定。
DSC_9242.jpg

片側を開けた状態
DSC_9241.jpg

もう片側開ける
DSC_9240.jpg

車の床にアクセスできる
DSC_9239.jpg

記録はこちら

車に寝床を設ける(その3)

パイプフレームの上に置く敷板(床)を作る。材料はベッドに使っていた厚さ19mmのパイン材を再利用して、スノコのようにして設置してみた。2名が乗っても大丈夫そう。
DSC_9236.jpg

記録はこちら

車に寝床を設ける(その2)

車は初代フリード。セカンドシートはヘッドレストを外しシートバックを後方に倒した状態。サードシートはシートバックを倒した状態。にしてからパイプフレームを組み立てた状態。
この後は敷板を作る予定。
DSC_9233.jpg

記録はこちら

検索

お気に入りリンク

タグクラウド

D800 DIY ham MacBook MacOS Server Nikon F4 WordPress ちびとカフェ ぱたぱた君(Mac) ガーデニング ダイビング ビオトープ ビオトープガーデン ポケットガイガー ミニログハウス 剣ケ峰 富士山 山歩き 木工 水中写真 水中写真 薪ストーブ 農作業