所在地
栃木県矢板市
標高
大入道:1,409m
剣ケ峰:1,540m
行程
山の駅たかはら〜大入道
(1時間49分)
山の駅たかはら  08:23出発
大入道      10:12着
(ham・休憩)
大入道〜剣ヶ峰〜八海山神社
(1時間48分)
大入道      11:12出発
剣ヶ峰      12:25通過
八海山神社    13:00着
(昼食・休憩)
八海山神社〜山の駅たかはら
(1時間45分)
八海山神社    13:28出発
山の駅たかはら  15:16着
日程
2018年4月29日


朝から天候に恵まれた。八海山神社〜釈迦ヶ岳へ行くルートで登ると、「大入道(おおにゅうどう)」の道標があるものの、山が見えないためか行きそびれていた。ヤマツツジ、トウゴクミツバツツジ、シロヤシオのシーズンには早いが、登ることにした。しかし、大入道までの登山道わきに「カタクリ」が咲いていた。思わぬ花を見ることができた。大入道から剣ヶ峰は、スッカン沢に至る急斜面の縁を歩く。八海山神社で遅い昼食をとり、見晴らしコースで大間々駐車場へ降りる途中、「ミツモチ山」の方でアカヤシオが満開になっていた。大間々の駐車場は、7時には満車だったとのこと。トイレもありこの季節から混み合う。総時間(ham・昼食・休憩含む):6時間53分、総距離(apple watchの記録):13.06km

天候に恵まれた。山の駅たかはら

県道沿いの登山口。

大きなダケカンバ。(この辺りが八方ヶ原)

ツツジが満開の季節はトンネルになる。

小間々の女王によってみたが。。。まだ早い。

つぼみが膨らんでいた。

道標に従い大入道へ。

おー!クマ注意。鈴をつける。

一つ目の沢を横切る。

カタクリがひっそりと咲いていた。

いい天気だ。

二つ目の沢が見えてきた。

ショウジョウバカマ

またまた、カタクリがひっそりと咲いていた。

沢まで降りてきた。川になっていたら渡れないな。

渡ってから登り?ロープが張ってある?

右側の小さな沢に沿って登るのが正解でした。

キクザキイチゲかな?

沢沿いに登山道が続き、沢が小さくなり無くなる。

山桜が咲いていた。平地の4月ごろかな。

白樺の林。つづら折りで登る。ここは南斜面のため暑かった。

大入道到着。ここからの展望はなし。

大入道から剣ヶ峰に向けて進むと前黒山(塩原方面)が見えてきた。

稜線を歩く。(外輪?)

火山活動があった痕跡?

黒曜石と思われる。高原山で黒曜石が採れたそうだ。

残雪が見られた。この後急登を登る。

剣ヶ峰山頂に到着。ここからも展望はない。

八海山神社に向かって登る途中で北西を見ると福島の山並みが見えていた。まだ、雪山だ。(会津駒ケ岳?)

矢板市の最高点1590mを通過。

八海山神社に到着。宇都宮方面は霞んで見えず。ここで昼食。

ケルンが大きくなったような気がする。奥に見える山は釈迦ヶ岳。

見晴らしコースで降りてくると右手の山にアカヤシオが咲いていた。

登山口まで降りてきた。看板が新しい。

大間々駐車場を通過。朝7時で満車になったらしい。

無事に山の駅たかはらに戻る。ソフトクリームの販売が終了していた。とほほ